ブログ|柏駅で糖尿病内科・甲状腺内科をお探しの方はかしわ駅前糖尿病・甲状腺内科クリニックまで

かしわ駅前糖尿病・甲状腺内科クリニック

ブログ

ブログBLOG

卵は1日に何個まで?

2024年2月9日:管理栄養士

こんにちは。管理栄養士の前田です。

本日は「卵」についてお話しようと思います。

栄養相談をしていると、患者さんから「卵は1日何個までにした方がいいの?」

という質問をよく受けます。

皆さんもご存じの通り、卵は栄養に優れた食品で質の良いタンパク質だけでなく、ビタミンやミネラルも豊富に含んでいます。それでいて美味しく、手軽に食べられる食品です。

そんな卵を食べる際に気になるのがやっぱり「コレステロール」ではないでしょうか。

「本当は卵を食べたいけど、コレステロール値が高くて今は我慢しているんだ」という方は結構いらっしゃいます。

食事からのコレステロールは、血中コレステロール値に直接の影響を与えないとは言いますが、血中コレステロール値が高い人は、コレステロールの過剰な摂取は好ましくありません。

では卵のコレステロール量はどのくらいなのでしょうか?



実は卵1個(約50g)に含まれるコレステロール量は210㎎となり、なんと1個食べただけで1日の摂取目標量を超えてしまうのです!


他にもコレステロールの高い食品をいくつかあげてみます。

  鶏レバー串2本分 370㎎

   あん肝50g 280mg

  うなぎの蒲焼1尾(120g) 276㎎

  さきいか50g 185㎎

   明太子1腹(60g)168㎎

    ししゃも3尾(45g) 135㎎

    シュークリーム1個(100g)250㎎

   カスタードプリン1個(125㎎)190㎎






このようにほかのコレステロールが多い食品と比べてみても卵1個分のコレステロール量は相当多い という事になります。

しかし、だからと言って全く食べないというのはあまりおすすめできません。

上述の通り卵が栄養に優れた食品であるのは確かです。


そこで私が考える卵の摂取目安量はこちらです。

《コレステロール値が高く薬などを処方されている方や健康診断で高めと言われた方》

→2日に1個くらいであれば理想的。卵好きなら1日1個まで!

→1日1個~2個!今は特に問題ない方でも卵は多くても1日2個までにとどめておくのがいいでしょう


私自身も卵が大好きなので、量に注意しながら食べていきたいと思います。


当院ではコレステロール値が高めの方の栄養相談も随時行っていますので、お気軽にご相談下さい(^^)/

【適度な飲酒とは?】

2024年1月12日:管理栄養士

こんにちは。管理栄養士の前田です。

皆さん、お正月はいかがお過ごしでしたか?

本日は「お酒」についてお話しようと思います。

お正月に飲む機会の増えた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

お酒は種類ではなく飲む量が重要になるので、この機会に適切な飲酒量を確認してみましょう(^^)/


適切な飲酒量(飲酒量は1日に純アルコールにして20g以下となります)

・ビール中瓶1本 500ml

  ・焼酎 110ml アルコール度数(25度)

  ・日本酒1合 180ml

  ・缶チューハイ 520ml(1.5缶) アルコール度数(5度)

 ・ウイスキーダブル1杯 60ml

   ・ワイン2杯 180ml


ちなみに醸造酒(ビール、日本酒、ワインなど)は糖質が多く含まれていますが、

この中でも赤ワインは比較的糖質量が少ないお酒です。

ワインの糖質量は赤< 白 < ロゼの順に高くなります。




冬の時期は野菜たっぷりの鍋やおでんなどもおすすめです♪

いま一度適切な飲酒量を知り、お酒と上手に付き合っていきましょう!

第1・第3土曜日の診察について

2024年1月5日:お知らせ

2024年1月以降の第1・第3土曜日の診察についてのご連絡です。

急ではございますが。2024年1月から第1・第3土曜日の診察は院長と非常勤医師の2診体制で診察を行わせて頂く予定です。

当面は非常勤医師に新患を担当していただき、再診の方は今まで通り院長が診察とさせて頂く予定です。そのため、再診と新患の方では順番が前後する可能性ございますのでご了承ください。


そして、今後は新患、再診関係なく、手の空いた医師から順番に診察とさせていただく予定であり、担当医を固定しないことにより待ち時間の短縮を目指していく方針とさせていただきます。


診察医固定をご希望の場合は、平日や第2・4・5土曜日の予約をご検討ください。

ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

【お正月にお餅はどのくらい食べますか?】

2023年12月25日:管理栄養士

こんにちは。管理栄養士の前田です。

これから不定期で栄養に関する情報をお届けできたらいいなと思っています(*^-^*)

もうすぐお正月という事で、本日は「お餅」についてお話したいと思います♪

年末年始に食べる機会の増えるお餅ですが、お米から作られているためエネルギー量・糖質量の多い食品となっています。

ごはん茶碗1杯分(150g)のエネルギー量に最も近いのは何個の角餅(角餅1個=55g)だと思いますか?

① 1個

② 2個

③ 3個

       


皆さんはわかりましたか?





正解は「 ②2個 」です。




女性茶碗1杯のごはん(白米)150gは252kcal(糖質53.7g)です。


角餅1個(55g)
・・・129kcal(糖質27.6g)

角餅2個(110g)
・・・258kcal(糖質55.2g)

角餅3個(165g)
・・・387kcal(糖質82.8g)


お餅は糖質を多く含むため血糖値を素早く上昇させます。
お餅を食べるときは先におかずを食べるのがおすすめです。
おかずのたんぱく質や食物繊維が急激な血糖上昇を緩やかにしてくれます。



またお正月に食べられるお雑煮は具沢山にすると野菜も摂取できるのでおすすめです。



汁は控えめし、是非いろいろな具材でお雑煮を楽しんでみてはいかがですか?



年末年始はついつい食べすぎてしまう方も多いと思いますが、食べ方や食べる量に少し気を付けるだけで血糖値の上がり方も違ってくると思います。


皆様どうぞ良いお年をお迎えください♪

12月2日をもちまして1年が経ちました

2023年12月5日:お知らせ

タイトルの通りではありますが

通っていただいている患者さんや関係各所の方々、新参者の私達をあたたかく迎えてくださり本当にありがとうございます。

まだまだ至らない部分もありご迷惑をおかけしてしまうことも多々あると思いますが、地域のかかりつけ医として患者さんに最適な治療を考え、安心と信頼に繋げていきたいと考えております。

今後ともスタッフ一同よろしくお願い致します。

栄養相談再開についてのお知らせ

2023年11月21日:管理栄養士

11月27日より、管理栄養士による栄養相談を再開させていただきます。

 

相談可能日時につきましては、当面の間、

(糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの方は保険適応で診察と同日に受けることが出来ます。)

基本予約制となっておりますので、ご予約やご質問等ございましたらお気軽に当院までお問い合わせください。


また、栄養相談の内容については過去ブログにも記載がございますので、よろしければこちらも一読いただければと思います。
↓↓↓
http://kashiwa-dmt-clinic.com/_cms/2023/04/17/

2023年11月、12月、2023年1月の診療について

2023年11月8日:お知らせ

今後の臨時休診などの案内をさせていただきます。

11月14日は検査技師不在のため、エコー検査を施行することができません。

同様に、12月1日、2日、27日もエコー施行不可です。

12月9日の診療は完全予約制とさせていただきます。緊急の要件以外はお断りする場合がございますのでご了承下さい。

年末年始は、12月28日から1月4日まで休診とさせていただきます。

その他、検査施行不可な日程などは適宜お知らせいたします。

勝手ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。

11月4日土曜日の診療について

2023年11月4日:お知らせ

11月4日土曜日の診療は、「完全予約制」とさせていただきます。

予約枠も全て埋まっているため、基本的に予約なしの方の当日の診察はお受け出来かねます。

申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

バセドウ病について

2023年10月24日:甲状腺

<バセドウ病とはどのような病気?>

 バセドウ病は、本来自分の体を守るはずの免疫(自己免疫)が自分自身の甲状腺を刺激して、甲状腺ホルモンを作り続ける病気です。別名、グレーブス病とも言います。抗TSH受容体抗体(TRAb)や甲状腺刺激抗体(TSAb)という自己抗体により甲状腺機能が亢進し、全身に様々な甲状腺ホルモン過剰による症状(甲状腺中毒症)を引き起こす、甲状腺機能亢進症の代表的な病気です。

<症状>

 代謝をつかさどる甲状腺ホルモンや、交感神経系のカテコールアミンが過剰になるため、典型的には、甲状腺腫大、頻脈、眼球突出が代表的な症状です。その他、体重減少、指の震え、暑がり、汗かき、疲れやすい、軟便・下痢、筋力低下、イライラや落ち着きのなさが生じることもあります。女性では生理が止まることがあります。甲状腺は全体的に大きく腫れてきます。眼球突出に代表される眼の症状は「バセドウ眼症」とも呼ばれ、バセドウ病に特徴的な症状です。眼症は眼科受診を勧めております。

<原因は?>

自己抗体ができる原因ははっきり分かっておりませんが、遺伝的に自己免疫を起こしやすい体質をもっており、その遺伝的要因に加えて、出産や大きなストレス、感染症などの環境的要因が加わって発病してくると考えられています。

<治療は?>

第一選択は薬物療法になります。薬の重大な副作用が起こったり、2年程度薬物療法を行っても安定しない場合は、アイソトープ(放射性同位元素)療法や手術療法を検討します。

薬物療法の第一選択薬はメルカゾール(チアマゾール)です。副作用で使えない場合や妊娠初期(催奇形性が報告されています)はプロパジール(プロピルチオウラシル)を使用します。どちらも服用開始から2~3か月で副作用が出やすいため、その間は2週間毎の採血フォローが必要です。その後も甲状腺ホルモンが安定していれば、1か月毎程度の通院で薬を減らしていきます。薬が少なくなり、甲状腺ホルモンや自己抗体が正常化して3~6か月経過すれば、休薬(内服をやめる)を検討できます。ただし、休薬後も再燃する可能性があるため、定期検査が必要です。

<日常生活、食事などの注意>

一番大事なのは抗甲状腺薬を忘れずに内服することです。改善傾向でも3~4日飲み忘れると急に悪化することがあります。喫煙は、甲状腺ホルモンや眼症を悪化させるため、禁煙を勧めます。運動は、甲状腺ホルモンが高い間は疲れやすく心臓に負担がかかるため、激しい運動は控えて下さい。甲状腺機能が落ち着いてきたら体調に応じて軽い運動から始め、無理はしないで下さい。ヨウ素(ヨード)の摂取は、あまり神経質になる必要はありません。

<妊娠予定の女性の方へ>

甲状腺ホルモンが高い状態での妊娠は母体のリスクになり、胎児にも甲状腺機能亢進症を引き起こす可能性があります。甲状腺ホルモンや 自己抗体が安定していれば妊娠・出産は可能であり、一般的には妊娠中は甲状腺機能亢進症が落ち着く場合が多いです。ただし、メルカゾール使用の場合は妊娠初期に使用しない方が無難であり、プロパジールへの変更などが必要なため、妊娠を計画した時点や妊娠が分かった時点で早めに当院にご相談ください。



↓上記の内容をpdfで1枚にまとめたものを下記からダウンロードもできます。

2023年度インフルエンザウイルスワクチン接種についてのご案内

2023年9月19日:予防接種・ワクチン

当院での2023年度のインフルエンザウイルス予防接種の開始予定日は10/23(月)〜となります。

※10月6日以下記事更新済み(受診歴のない方の予約について更新箇所あります)

※11月6日更新:WEB予約枠を開放いたしました。インフルエンザワクチン接種のみの方は、以下の注意事項をよく読み、WEB予約をご利用下さい。

◇予約開始日  
・かかりつけの方→9月11日より予約開始 現在受付中
・受診歴のない方→10月11日水曜日より予約受付開始 現在受付中

※当院のワクチン接種は、年齢15歳(高校生)以上の方に限らせていただいております。


◇接種開始日 10/23(月)〜

◇接種終了日 2024年1月31日


◇費用
・一般(自費) 3500円(税込)
・柏市高齢者助成利用 1500円(税込)
※助成対象詳細については柏市のホームページをご確認ください。
https://www.city.kashiwa.lg.jp/kenkozoshin/hokennenkin/kenshin/yobousessyu.html


◇予約方法
電話または来院時に直接ご相談ください

※11月6日からWEB予約も開始いたしました。インフルワクチン接種のみご希望の方は、WEB予約から「インフルワクチンのみWEB」の枠で予約をお願い致します。
※診察と同日の接種も可能ですが、診察枠の予約も必要であるため、こちらの枠は取らずに事前に電話していただくか来院時にご相談下さい。


◇予診票
・一般(全額自費)の方→来院時にあらかじめご記入いただいた予診票をお持ちいただくと、院内の滞在時間を短くすることができます。
↓予診票


・柏市高齢者助成利用の方→当日専用の用紙をお渡し致しますので、当日来院後ご記入ください。

メーカー側からは今年度のインフルエンザウイルスワクチンはある程度潤沢に在庫があり、当院も数は確保できる予定と聞いておりますが、在庫や予約枠がなくなる可能性もありますので必ず打たれる方はお早めに予約御検討下さい。

※2024年1月10日更新:当院では2023年度の接種を2024年1月31日で終了させていただきます。

2024年度は2024年10月頃からの予定ですが、また時期になりましたらHPでご案内いたします。

1 2