ブログ|柏駅で糖尿病内科・甲状腺内科をお探しの方はかしわ駅前糖尿病・甲状腺内科クリニックまで

かしわ駅前糖尿病・甲状腺内科クリニック

ブログ

ブログBLOG

橋本病について

2023年8月23日:甲状腺

<橋本病とはどのような病気?>

 橋本病は、本来自分の体を守るはずの免疫(自己免疫)が自分自身の甲状腺に反応して、甲状腺に慢性の炎症を起こす病気です。別名、慢性甲状腺炎とも言います。橋本病の自己抗体は、抗サイログロブリン抗体か抗TPO抗体であり、どちらか一方でも陽性であれば橋本病(疑い)の診断となります。

 この慢性的な炎症によって、甲状腺組織が少しずつ破壊されていき、甲状腺ホルモンが作られにくくなって甲状腺機能低下症や甲状腺腫大が生じます。

<原因は?>

自己抗体ができる原因ははっきり分かっておりませんが、遺伝的に自己免疫を起こしやすい体質をもっており、その遺伝的要因に加えて、出産や大きなストレス、感染症などの環境的要因が加わって発病してくると考えられています。

<治療は?>

・甲状腺機能が低下している場合→甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS:レボチロキシン)を内服して機能を正常に保ちます。慢性的に低下している場合は一生涯内服を続けることも多いです。


甲状腺機能正常の場合→甲状腺が腫れてくるだけでほとんどの場合は症状もなく、治療も必要ありません。ただ、将来的に甲状腺機能低下症になる可能性のある病気なので経過観察は必要です。

機能正常の橋本病の方を5年間観察すると、約30%の方で何らかの機能異常(ホルモン低下や上昇など)がみられますが、その多くは無痛性甲状腺炎など一過性の異常です。

一生のうちに治療が必要なまでに甲状腺機能が低下するのは10~30%程度と言われておりますが、いつなるかは分かっていません。

甲状腺機能低下症は、軽度であれば明らかな自覚症状は現れませんが、放置しておくと動脈硬化などの危険因子となるため、無症状でも6ヶ月~1年毎の甲状腺ホルモン採血をお勧めしています。

もちろん、明らかな甲状腺機能低下症が起こると、寒がり、便秘、体重増加、むくみなどの症状が現れるので、その際は早めに受診してください。


<食事、日常生活での注意>

ヨウ素(ヨード)を多く含む昆布などの海藻類を多く取ったり、イソジンうがいを連用したりすると甲状腺機能が低下する可能性がありますので、過剰摂取は気をつけてほしいですが、絶対に少しでも摂ってはいけないわけではなく、あまり神経質になる必要はありません。それ以外に日常生活での注意はありませんので、特に活動制限などは必要ありません。

<妊娠予定の女性の方へ>

妊娠中、軽度の甲状腺機能低下でも流産しやすくなったり、胎児の成長に影響する可能性があります。橋本病の妊婦は普段の甲状腺機能が正常でも、妊娠すると低下しやすいので、妊娠前後で甲状腺機能を確認する必要があります。できれば妊娠を計画した時点や妊娠が分かった時点で再度甲状腺機能は調べておいた方が良いので、当院にご相談ください。


↓上記の内容をpdfで1枚にまとめたものを下記からダウンロードもできます。

栄養相談休止のお知らせ

2023年8月15日:管理栄養士

皆様

平素お世話になっております。

現在当院では、管理栄養士不在につき栄養相談を休止とさせていただいております。

再開は11月頃を予定しておりますが、その間栄養相談ご希望の方にはご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。

詳しい日程が決まりましたらまたアナウンスさせていただきますので、

ご理解の程よろしくお願い致します。

7月より土曜日の予約枠を変更させていただきます

2023年6月13日:お知らせ

12月2日に開院してから早いものでそろそろ丸7ヶ月が経とうとしています。

少しずつ当院をお選びいただく患者さんも増えてきたことを日々実感しております。


特に土曜日に関しましては初診予約が集中し、どうしても診察時間が延びてしまい、

来院してから診察までお待たせしてしまうことも多く皆様には大変ご迷惑をおかけしております。


そこで

7月より土曜日の予約枠を変更させていただき、再診枠と初診枠を分けて、初診の人数を今までよりも制限させていただきます。

現状は土曜日のみの暫定的な施策となりますが、かかりつけの患者さん優先とさせていだたきますので、土曜日希望の初診の方は一度平日に受診していただき、次回以降に土曜日の予約をお取りいただくことをお勧めしております。

それでも今後も予約状況や診察内容によってお待たせしてしまうこともあると思いますが、皆様の日々の通院の負担を少しでも軽く出来るよう今後も努めて参りますので、ご理解の程よろしくお願いたします。

2023年度の特定健診の予約を開始いたしました。

2023年5月26日:お知らせ

当院では柏市の特定健診が実施可能です。実施期間は2023年6月1日から2024年1月31日までとなっております。その他、6月1日からの大腸がん検診、肝炎ウイルス検査なども承っております。

予約は電話でのみとさせていただいております。

対象者や検査項目などの詳細は市のホームページでご確認ください。


もちろん異常があれば当院で継続治療も可能ですので、ご予約ご検討ください。

柏市 特定健診

https://www.city.kashiwa.lg.jp/kenkozoshin/hokennenkin/toku-kenshin/shinsashido.html

柏市 がん検診(当院では大腸がんの便潜血のみ実施)

https://www.city.kashiwa.lg.jp/kenkozoshin/shiseijoho/shisei/health_hospital/mainmenu/seijinhoken/r2-gankenshin.html

柏市 肝炎ウイルス検査

https://www.city.kashiwa.lg.jp/kenkozoshin/shiseijoho/shisei/health_hospital/mainmenu/seijinhoken/kanen.html

内分泌内科専門医を取得いたしました。

2023年5月16日:お知らせ

この度、院長である私、安藤真広は「日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医(内科)」の資格を取得し、専門医名簿に記載されました。

手前味噌ですが、専門医を取得するには内分泌学会に通算5年以上所属し、内分泌指導医資格を持つ医師のいる教育認定施設で最低3年(認定内科から合わせると6年)以上内分泌専門診療に従事、100例以上の内分泌疾患症例を経験、18症例の症例レポートを記載、その後試験に合格することが条件となっております。

私はストレートで研修を終えて試験を受けられる状態でしたが、この度2023年2月の試験に無事合格し、2023年4月から内分泌専門医資格を標榜できるようになり、5月8日から専門医名簿に名前が載るようになりました。

もちろん専門医を持っていなければ内分泌疾患の診療などが行えないわけではありませんが、ある程度の質の担保にはなると自負しております。

糖尿病専門医と合わせて、柏駅前では唯一の内分泌専門医が院長のクリニックとなっておりますので、甲状腺や糖尿病などの内分泌疾患の患者様に安心して受診していただければと思っております。

長々と自慢のようで恐縮ですが、これからも当院をよろしくお願いいたします。



内分泌専門医名簿 千葉県↓

http://www.j-endo.jp/modules/senmoni/

月・水・金に栄養相談を行っています

2023年4月17日:管理栄養士

当院では患者さん一人一人に合った栄養相談を行っています♪

栄養相談は患者さんが管理栄養士に日ごろの食事の不安や、どんなものをどれくらい食べたらいいのか?などなんでも気軽に相談できる場所です。

  • 1日何食、食べているのか?
  • いつ(何時頃に)食事を摂るのか?
  • 何(食事内容)を食べるのか?
  • テイクアウトや外食の利用はあるのか…?

などを詳しく伺った上で、その方に合った食事の提案やアドバイスをさせて頂いています(*^-^*)

〈糖尿病食事療法の3つのポイント〉

  • 食べる量 → 適正なエネルギー量の摂取
  • バランスの良い食事 → 主食・主菜・副菜を揃えて
  • 食事のタイミング → 1日3食均等に


食生活はそれぞれ違っていても、この3つのポイントはどの方にも共通して言えることです。


これを踏まえてどうしたらいいのか患者さんとお話を進めていきます。
患者さん自身がこれならやってみようかな、これならできそうかも!と一つでも思ってくれるような栄養相談を心がけています(^^)/
ご自分でまずは簡単にできることを見つけ、日々の生活に一つでも取り入れてみて下さい。

糖尿病の食事療法は継続することが大切ですが、食事は毎日のことなので日々頑張っていたら疲れてしまいますよね。

そんな時はうまく息抜きする方法などもその方に合わせて提案させていただきます!

血糖値が高めの方、その他にもコレステロール値、中性脂肪、尿酸値が高めの方など是非気軽にご相談下さい。

                                   

【令和5年4月からのマイナ保険証について】

2023年4月3日:お知らせ

【令和5年4月からのマイナ保険証について】

当クリニックではマイナンバーカードが保険証として利用できます。

なお、従来の健康保険証を利用した受診も引き続き可能です。

〇マイナンバーカードに健康保険証を紐づけした『マイナ保険証』をご利用いただけるよう『オンライン資格確認等システム』を導入しています。

→オンライン資格確認とは、マイナンバーカードの IC チップまたは健康保険証の記号番号等により、オンラインで資格情報が確認できることをいいます。

〇マイナ保険証の利用や問診票等を通して、診療情報(薬剤情報、特定健診情報やその他必要な情報)を取得・活用することにより、質の高い医療の提供に努めております。
〇正確な情報を取得・活用するため、マイナ保険証の利用にご協力をお願いいたします。

※マイナ保険証をご利用される方は、受診の都度マイナ保険証をご提示いただきますようお願いします。

また、保険証とは別の公費受給者証(自立支援医療や障害医療証、指定難病等)はマイナ保険証では確認できないため別途提示が必要となります。

【医療情報・システム基盤整備体制充実加算について】

令和5年4月1日よりオンライン資格確認導入義務化に伴い下記の通り、「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」が医療費に加算されます。

加算1: 4点 (マイナ保険証を利用しない初診料の場合)※2023年12月31日までは6点
加算2: 2点 (マイナ保険証を利用した初診料の場合)※他院から紹介状をお持ちの方
加算3: 2点 (マイナ保険証を利用しない再診料の場合)※月1回2023年12月31日まで 

※マイナ保険証による受診を行った場合でも、診療情報等の取得に同意されない場合は、「マイナ保険証を利用しない場合」としての取り扱いとなります。
◇「マイナ保険証」のご利用方法など、詳細は厚生労働省ホームページ「マイナンバーカードの健康保険証利用について」よりご覧ください。

↓厚生労働省ホームページはこちら↓

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08277.html

かしわ駅前糖尿病・甲状腺内科クリニック


ブログを始めます

2023年3月30日:お知らせ

よろしくお願いいたします。

1 2 3